映像制作に先進のスタイル、新しいVARICAM

100年の歴史を持つフィルムカメラの映像とノウハウを、デジタルビデオ技術で継承するために始まった
先駆的なプロジェクト、それが初代VARICAMでした。
フィルムに近いトーンを生み出すシネガンマと、フィルムの演出ノウハウを活かせる可変フレームレートは、
業界に先駆けてVARICAMが実用化した技術です。
世界で、多くの映画・CM・ドラマ制作に用いられてきたVARICAMが、
いま先進の技術と新しいスタイルで新しいシリーズとして生まれ変わります。

VARICAM HSは、2/3型レンズマウントを備え、ハイスピード・フレームレート映像収録に対応したラインナップ。
映像制作に “Emotion & Revolution”を提供します。

EMOTION

アーティストのイメージを実現する映像表現

VARICAM HSは、14ストップのラティチュードを持ち、フィルムカメラに迫る広いダイナミックレンジと広い色域を実現しています。VARICAM HSは、240fpsまでのハイスピード・フレームレート撮影に対応しており強力なスローモーション演出が可能です。堅牢かつ設置の自由度にもすぐれたデザイン。画質でも、カメラワークにおいても、アーティストの“Emotion”を形にします。

REVOLUTION

デジタル技術がもたらすワークフロー革新

イン・カメラ・カラー・グレーディング機能により、新VARICAMシリーズでは、撮影現場で色調の作りこみとデイリーズづくりが可能です。加えてダブルレコーダー&デュアルコーデック収録機能により、本編、オフライン編集、プレビューに、それぞれ適したファイルを同時に収録できます。制作を効率化し、ネットメディアとも連携。いままでの映像制作の常識を超える、次世代ワークフローへの“Revolution”がここにあります。