映画制作に“Vision”と“Revolution”
— Cinema VARICAM 35

多くの映画・CM・ドラマ制作に用いられてきたVARICAMシリーズ。
優れた色再現と画質、そして先進のワークフローを映像制作業務にもたらしてきました。
その技術とノウハウが新しいラインナップに息づいています。
Cinema VARICAM 35は、新VARICAMシリーズの中で最高の画質を誇るモデル。
14+ストップのラチチュードと広色域、Dual Native ISOによる低ノイズ高感度、
そして4K/120fpsでの収録はCODEX V-RAWレコーダーを用いた非圧縮RAW記録 にも対応します。
クリエーターの思い描く“Vision ”を形にする力を備えています。
デュアルコーデック記録、イン・カメラ・カラー・グレーディング、
そして堅牢性・拡張性・操作性を備えたモジュラー・デザインは、
まさに“Revolution ”、革新的なワークフローをもたらします。
VARICAM 35 — あなたの“Vision ”を実現する、最上の“Revolution ”。

※ Codex V-RAWレコーダーはCodex 社の製品です。

VISION

アーティストのイメージを実現する映像表現

Cinema VARICAM 35は、14+ストップのラティチュードを持ち、フィルムカメラに迫る広いダイナミックレンジと広い色域を実現しています。VARICAM 35は、フルサイズ4Kイメージセンサーを搭載。PLレンズの画角と被写界深度をフルに活かした高解像度の4K映像収録が可能です。堅牢かつ設置の自由度にもすぐれたデザイン。画質でも、カメラワークにおいても、アーティストの“Vision”を形にします。

REVOLUTION

デジタル技術がもたらすワークフロー革新

イン・カメラ・カラー・グレーディング機能により、VARICAM 35では、撮影現場で色調の作りこみとデイリーズづくりが可能です。加えてダブルレコーダー&デュアルコーデック収録機能により、本編、オフライン編集、プレビューに、それぞれ適したファイルを同時に収録できます。制作を効率化し、ネットメディアとも連携。いままでの映像制作の常識を超える、次世代ワークフローへの“Revolution”がここにあります。